カードローン 来店不要

来店不要のカードローンだから家族に内緒にしたい私も安心です!

家はまだ子供の教育費もかかり、家のローンもあって、自分の小遣いもふんだんには使えない状況です。私はもともと園芸が趣味だったのですが、自宅を購入してから前にも増して土いじりが大好きになりました。以前は賃貸マンションに住んでいたので、ベランダで土を干したり鉢を洗ったりということも自由にできなかったので、今のように自宅の庭で好きにできるのが嬉しくてしょうがないのです。また私はもともと凝り性なので、やり出すとキリがなくなって困っています。最初は控えめにやっていたのですが、ホームセンターへ行けばいくらでも欲しいものがありますし、ネットにはちょっと見かけないような珍しい商品も出ています。

観葉植物などは、自分で増やして楽しめたりもするのですが、植物を増やせば養土や肥料などは新しいものが必要となってきます。また使える地面は使い切ってしまったので、次にハンギングをやり始めたら大物の用品が必要となってきて、ネットで買い込んでいるうちにかなりの出費になってきました。似たもので安いものはあるのだけれど、実物を見ればやはり高いものは耐久性やアピアランスも素晴らしく、ついいいものを求めてしまうのですよね。

土いじりならば比較的好ましい趣味じゃないかということで、家内もずっと大目に見てくれていたのですが、大物が次々宅配で届くようになってきて、ここに来てちょっと不安になってきたようです。「支払いの方は大丈夫なの?」と聞いてきたので即座に大丈夫!と答えたものの、実はちょっと苦しかったのです。実はうちは、私の給料は自分の口座に入り、私がそこから月々の生活費を家内に渡すという形にしています。毎月十分な額を渡していますので、残高がさほど残っていないだろうというのは、家内にはわかっているはずなのです。しかも先日、水回りの改築工事をしたばかりなので、そんなにお金があるの?って思われたみたいです。

その場は誤魔化せたのですが、ちょっと使い過ぎてしまったのは事実で、来月までの昼食代や交際費がかなり苦しい状況になってしまいました。大丈夫と言ってしまっただけに、今さら家内に借りるのも(自分が稼いだ金なんだが)なんだか悔しい。会社から借りる制度もあるのですが、なんか格好わるくて嫌です。兎に角次の給料日までもてば何とかなるので、その間を凌ぐだけあればいいのです。それまでは考えた事もなかったのですが、そのときにふと、初めて消費者金融から借りようかなと思いました。

以前、同僚が旅行の時に消費者金融から借りたと言っていて、その時には「何もそんなとこから借金しなくても」なんて思っていたのですが、このとき初めて、消費者金融が頼もしく見えてきました。早速ネットで検索してみたら、ここなら安心だと思える所が幾つかあります。自分の場合、会社や家族にバレないようにしたいというのが一番大きく、数日中には絶対にお金が欲しいのですが、返済については給料日には必ず返せるので、その点は特に心配はありません。

消費者金融というと、どうも「駅前の店舗」という印象があって、あそこに行かねばならないのかと思うと非常に気が重かったのですが、ネットで見るとどこも最近はお店へ行く必要が全くないんですね。最初から最後まで店舗へ行かなくても済んでしまうし、中には最初っから店舗がないというところまであるのでオドロキでした。そういえば、今は駅前に消費者金融のお店も前ほど目につくことはなくなっています。知らない間に消費者金融も変わってきているのですね。

契約時と同じく、借入や返済についても、店舗を使わず、銀行やコンビニのATMを使うので、誰かに見られる心配をする必要が一切ないのがありがたいです。また、私には会社の社会保険証がありますので、これを提示することで、勤務先の在籍確認は必要がなかったのも良かったです。うちはそう頻繁に外部から電話がかかることの少ない職場なので、もしもこのような心配があれば契約を躊躇っていたところでした。またローンカードの発行がなく、自前のキャッシュカードを利用する契約にしました。自宅に送付されると、たまに家内に開封されてしまうことがあるので、それも心配だったのです。

また、このような契約は、自宅パソコンではなくスマホからにしました。自宅パソコンは家内も使うことがあるので、ひょっとして履歴などからわかってしまうことを恐れたからです。利用明細も自宅に送付されないよう、ちゃんとその場で発行されるATMを使うようにすれば、問題なく利用できそうです。私の場合、頻繁に使うことも多分無いと思いますので(願わくば)、今回の返済が終わったら当面は利用することはありません。消費者金融のローンカードが残っていると、私がすっかり忘れた頃に、なんかの拍子に家内に見つかってしまう可能性もあるので、最初から無い方が安心できてよかったです。

契約が済んで、最初の借入の手続きをネットでしたら、本当に自分の口座に振り込まれていました!振り込まれて当たり前なのですが、妙に達成感があって嬉しかったです。これで給料日まで何とか通常通りにやっていけそうです。何かと鋭いところのある家内なので、お金が足りない状態があまり長引くと感づかれてしまうところでした。店舗に行く必要もなく、こんなに手軽に借りることができるとは知りませんでした。本当に大助かりです。

カードローン審査の在籍確認を避けたい心理

カードローンの審査の際、本人確認のために職場などに必ず在籍確認の電話がはいります。これは嫌だと思っても必要なので避けられないでしょう。でもなんだか嫌ですよね。

私も仕事がら会社へかかってくる外線電話を取る機会が多いのですが、個人名でかかってきます。そしてどちらの●●様ですか?と聞き返すと個人的な知り合いです。というケースも多かったような気がします。

銀行系などは、系列の損保会社の名前などを使ってかけてきてくれるところもあるようですが、それを申込み時にお願いすることは多分出来ないと思います。さてこういった電話が職場にかかってくるのを避けたいという心理は誰にでもありますよね。ただ、最近は割りと多いのでたとえば闇金の取立てじゃないのかしら?などという印象は随分となくなってきました。ですからいたずらに嫌がる必要はないと思います。

とはいえ、やっぱりどうしても在籍確認はいや!という方もいらっしゃるでしょう。それは申込みの時に特別にお願いしても特別に在籍確認なしにはならないと思います。会社によっては、在籍確認なしというところもありますので探してみるのも手ですね。

在籍確認の電話が、あなたの会社内での査定に大きく影響するなどということは絶対ないでしょうが、どうしても気になるなら、事前にローンを組むので在籍確認があるかもしれない旨を、社内の人にお話しておけばいいのではないでしょうか。そのほうがビクビクして待つ必要もなくなりますよね。とにかく、基本的に在籍確認電話は避けて通れないということをしっかり認識しておきましょう。

どこから借りるのか?あなたの条件の優先順位での選び方

今どれだけカードローンを扱う会社があるのか。とてもじゃないけど想像がつきませんね。でもかなり多いことは間違いないでしょう。インタネットを見ていても、メールに入ってくる広告を見ていても、ブログなどのアフェリエイト広告をみていても、キャッシングやカードローン、10秒審査などの言葉があふれています。

そんなに多くの中からどのように選択すればいいのでしょうか。これはかなり大変だということは容易に想像できます。でも悠長に吟味している時間はありません。何故ならカードローンを利用したい動機の大きな部分を占めるのが、早さだからです。早くお金を用立てたい。だけど、慎重に選ばなくてはいけない。この矛盾に一層、選ぶポイントを絞り;きれなくなるのではないでしょうか。

そんな時は、まず自分が何故、どんな目的でカードローンを利用しているのかを整理しておきましょう。そして、自分の状況に最もマッチしたところを選ぶようにすればいいと思います。もちろんあなたの審査がどこでも通るかどうかはわかりませんが、銀行やその系列なら金利面でもそれほど心配することはないでしょう。

一番確かなのは、実際に利用した人の体験談を聞くことです。インターネットで検索してみると、口コミのサイトなども見つけることができますので是非、調べてみてください。その口コミを見て、自分の状況に最も適している会社はどこかという観点で決めるようにしましょう。

審査から貸付までのスピードが最優先なのか、安心やサービス度、アフターケアが最優先なのか、あるいは金利や条件など。そして利便性も大切です。どのように現金を受取るのか。どのように返済するのか。コンビニを利用できるのか。銀行の口座は必要なのかなど、完済するまでのことも抑えておきたいものです。

100万円以下ならネットで簡単パパッと申込完了

明日すぐにもお金が必要!こんな時にカードローンを利用するわけですが、スピードが命ですよね。窓口へ行って申込書を書いて‥など時間の余裕がない場合も多いでしょう。

今はインターネット上だけで申込み、審査、結果が出てATMで現金を引き出すというスムーズな流れができていますので、充分早急な入用にも対応できる状況が揃っています。

100万円以下の小口の借入れであれば、さらにスピーディーな流れでローンを利用することが可能となりました。銀行や銀行提携の会社などでも、スピードを売りにした商品がたくさん出ていますので、チェックしてみてください。1時間以内で審査の結果が出て、口座がなくてもローンが実行が可能なようです。ただ身分証明書などの提示が必要になる場合があるので、Web上だけでは無理かもしれません。それはそれぞれの会社によっても違ってきますので、問い合わせてみましょう。

たとえば、月末には給与が振り込まれるのだけど、今日中にどうしても出費がある。こんなケースもありますね。そういう場合はスピーディーに借りて、すぐに完済してしまえば、金利などもかからない場合もあります。50万円以下くらいの借入なら、たとえば30日間は無利息というような商品もあります。こういうのを上手に賢く使うことで、安心で便利にカードローンを利用することができます。ただATM手数料などが別途かかる場合もありますので、そのあたりは事前に聞いておきましょう。

専業主婦がカードローンを利用したい時は?

カードローンを利用したい場合、必ず審査があります。ではあなたが主婦の場合はカードローンを利用できないのでしょうか?

そんなことはありません。あなたが主婦であっても仕事があり収入がある場合は、所得の3分の1までという範囲で借入れすることができます。

では専業主婦の場合はどうでしょうか?この場合は所得がないわけですから、当然借入れ枠も0ということになり、カードローンを利用することができません。

ただ方法がないわけではありません。ご主人の同意のもとであれば、ご主人の所得に応じて借入れが可能となります。あくまでもご主人の同意が必要ということですから、そこはよく必要な理由などを話し合って利用されればよいでしょう。当然、ご主人の扶養者であるということが大切な条件になってきます。つまりあなたへの信用ではなく、ご主人への信用でローンを利用できるというわけですね。もし、ご主人が正社員ではなく臨時雇用やアルバイトなどとなってくると、審査もかなり困難になるかもしれません。

専業主婦の方が急なお金の入用があってカードローンを利用しなければならない事情は、基本的にご主人も同意できる内容であるというのが大前提になっているということです。もし、どうしてもご主人に言えない理由があって、あまり質のよくない業者を利用してしまった場合、どのような結果が待っているかは想像するにかたくないと思います。専業主婦のあなたにも無条件でお金を貸してくれる業者があったら、それはちょっと怪しいと考えた方がいいでしょう。そういうところを絶対に利用してはいけません。

時効は5年!でも債務から逃げられるわけではありません

債権にも時効がある!ごぞんじでしたか?民事では契約日か最後の返済日を起算として5年と定められています。ですが、返済せずただ放置すればいいというのでは、当然ありません。

債権者が債務者に対し、返済を督促する行為を一切行っていないこと。債務者が返済をしないこと。この状態が5年続けば消滅時効が成立します。その場合、債務者はそのことを内容証明郵便で債権者側に告知する必要があります。消滅時効が成立すれば、その後債権者が債務者に返済請求をすることが一切できなくなります。これを時効の援用といいます。

債務者から逃げ続けて、届いた内容証明郵便も開封せず5年経てば時効が成立する!と大きな誤解をされている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、そんな都合のいい話はありません。あくまでも自己破産や返済不能の状態であり、なおかつ先にも述べたように、債権者側から返済を促すアクションや訴訟もなく、なおかつ、あなたが一切返済行為をしていないということが最低条件になります。内容証明郵便は、開封しなければいいというものではありませんので注意が必要です。

債務に時効があるから、それを悪用してなんとか借入れをなくしてしまおうというような考えは捨ててしまった方がいいでしょう。債務の消滅時効が成立するというのはとても特殊なケースです。借りたものは返すのがあたりまえですから、初めから逃げたくなるような無理な借入をせず、計画的に借りてきちんと返すのが基本です。

金利負担を上手に節約して返済するまとめ術

あなたがもし複数の消費者金融などに借り入れがあるなら、是非、おまとめローンを念頭においてください。複数の借入れですと、返済日も異なったり、手数料などもかかります。何より、返済を忘れてしまうと、それがあなたの履歴に残り、今後新たな借入れなどをする場合、与信に影響がでてくることが充分考えられます。

おまとめローンは、銀行や銀行系のローン会社などで取り扱っています。ただ、銀行や銀行系になると、やはり少し審査が厳しくなると考えておいたほうがいいでしょう。

カードローンは基本的には用途条件を問いませんが、おまとめローンとなるとちゃんとした用途のあるローンになるので、限度額に余裕がでる場合もありますので、おまとめローンはいいことずくめですよね。
①複数の借入先へそれぞれ返済する煩雑さがなくなる
②ばらばらだった金利を一定に抑えることで金利負担を下げることができる
③手数料などを抑えることができる
④目的ローンへの切替で、限度額や返済額にも余裕をもたせることができる

どうでしょうか?ぜひ、まとめローンを一度考えてみてください。返済先が複数あると生活設計も立てづらくなります。一本にまとめて暮らしにゆとりを生み出しましょう。

まとめローンへ切り替えることの利点は他にもいろいろとあります。今後あなたが住宅ローンなどを利用する場合も、複数件の借入があるよりも、審査時の条件は良くなると思われます。なにより、精神的な部分でも整理されて、前向きな生活設計を考えていけると思います。

単身赴任先で急にお金が必要になったらどうする??

単身赴任に家族を残して遠くで一人暮らしのサラリーマンの方は多いでしょう。単身赴任中であっても、さまざまな理由で急なお金の入用が生じることがあります。単身赴任先でカードローンを利用したい場合はどうでしょうか。

基本的には実際に自宅に住んでいなくても、会社の事情で単身赴任をしているわけですから、ご主人様がカードローンを利用するのに不利な点はないと思われます。インターネットでほとんどの審査などのやりとりはできますので、日本国内どこにいても基本的には利用できると思います。

逆にご自宅にいる奥様が利用したい場合はどうでしょう。奥様に収入があればご自分名義での借入が最も簡単だと思います。ただ専業主婦の場合は、ちょっと事情が異なってきます。総量規制で借入制限が所得の3分の1と定められていますから、当然所得のない専業主婦の奥様は借入を受けることができないということになります。

とはいえ、専業主婦でも子供のこと、家のことなどの理由で突発的にお金が必要になるケースはたくさんあります。一番確実なのは、ご主人の同意のもとカードを作って借りる。または、ご主人の名義でパートナーカードなどを利用できる会社を探してみる。この二つでしょうか。どちらにしても、専業主婦であるあなたの信用ではなく、あくまでもご主人の会社などの社会的信用で借りるということになります。

単身赴任生活はそれだけでも不自由な上に、住宅や光熱費は会社負担であっても、食費など自宅とは別にかかってきますので、奥様としては家計のやりくりが大変かもしれませんね。月によってはお付き合いなどで過剰にお金がかかる場合もあるでしょうし、病気をする場合もあります。ですが、出来る限り、安易にカードローンを利用しなくてもいいように、賢く計画を立てましょう。それでもどうしても必要な場合は、ご主人と充分話し合った上で上手に利用しましょう。

計画的に借りるためにやってみよう!金利計算

カードローンを利用する際、最も気になるのが金利ではないでしょうか?法外な金利で元本返済もままならない状況になったどうしよう。自分の信用状態では安い金利は無理なのでは?色々心配の種はつきませんね。でも、どこのカードローンを扱う会社も、金利や貸付期限などの条件はきちんと明記されているはず。もしそれがあやふやな会社や、ただ大きく何パーセントと書かれているだけで、詳しい説明などがなされていない会社は避けたほうがいいかもしれません。

口コミや自分なりの調査で何社かに絞れたら次に金利に注目してみましょう。金利は「年何パーセント」という形で表記されています。年というのは年利のことで、一年の利率を表してます。ですから当然何日間借りるのかによって変わってきますね。余裕があれば繰り上げ返済など、早めに返してしまったほうがお得なわけです。

それとカードローンには限度額というのがあります。まず知っておかなければいけないのは、年収の3分の1以上の借入れはできない「総量規制」という法律があります。ご自分の年収から大まかに試算することができますね。それと、あなたの現在の借入れ状況や会社の内容などさまざまな複合データで限度額が決定します。当然、限度額が高いほうが利息が低くなります。ですから今後の借入れの条件を良くするためにも、無理な借入れをせず計画性を持って利用しましょう。

今はインターネット上で自動的に条件を入力すれば、毎月の返済額などのシミュレーションができるところが多くありますので、自分で計算する必要はないかもしれません。しかし金利と利息の仕組みは知っておいたほうがいいでしょう。金利計算は次のようになります。
利息=元金×年利÷365×借入期間
例えば、あなたが30万円を18%の年利で60日間借りたとしましょう。利息=30万円×18%÷365×60となり、月額返済額は、約8,876円となります。これ以外に手数料などもある場合もあるので、正確ではなくても考え方は押さえておいたほうがいいでしょう。

この場合は借入期間が60日ですが、当然この期間が短くなれば利息の部分も少なくなります。余裕があれば早く返してしまったほうがいいということがわかりますね。

口コミを参考にして安心余裕のカードローンを選ぶ

カードローンを利用しようと思っても、どの会社を選んだらいいんだろうと悩みますよね。実際、インターネットで調べてみると本当にたくさん出てくるのでどうやって決めたらいいのか悩む方が多いのではないでしょうか。そんな時頼りになるのが「口コミ」でしょう。口コミは実際にそのローンを利用した方の生の声なので、どんな情報よりも役に立ちます。カードローンを利用している人は、意外と多いと思って間違いないでしょう。ですから、あなたの周りにも意外といるかもしれません。もし、そういう人から直接お話が聞ければ、もっと参考になるかもしれませんね。

口コミを参考にするときのポイントですが、人それぞれ事情が違うので、何を優先させるのかも違ってきます。口コミを集めた上で、あなたが最も優先したい条件にマッチした会社を選ぶようにすればいいでしょう。滞納を繰り返した場合は“遅延損害金”を支払う義務がある!?

金利を優先するのか。安心度を優先するのか。あるいは早さを優先するのか。それによっても変わってきますよね。すべてを満たす理想的な会社があればいいのですが、なかなかそうもいかないでしょう。ですから、一番大切にしたいポイントを抑えれば、あとの細かい点は譲歩する勇気も大切です。全ての項目において、100%の満足度を得られるところは少ないと思います。

まず簡単なチェックリストを作っておきましょう。これはカードローン会社を選ぶ時だけではなく、例えば不動産を決める時や、仕事を選ぶ時などにとても役立ちます。①スピード ②安心感 ③借入れ限度 ④金利 ⑤借入と返済時の利便j性 ⑥サービス このくらい項目があれば大丈夫でしょう。インターネットのみで審査から実行までできる会社は、サービス度はあまり関係ないように思えますが、ウェブのシステムやわかりやすさなども、サービス度に入れていいと思います。

ただここで注意しなくてはいけないのは、審査申込みまでを何社も同時にしてしまうと、当然、利用しないで審査のみ行った会社や審査に落ちた会社などの履歴が残ってしまいます。そういった履歴はもちろん今後のためにないほうがいいので、チェックリストはあくまでも、審査申し込みをする以前に、会社選びのために使ってください。

年金生活者の上手なカードローン利用術

自分は年金生活だからカードローンなんて無理!って思ってますせんか?いえいえ利用できます。何故なら年金だって立派な所得ですから。年金生活でも突発的にお金が必要なことは当然あります。そんな時は、あきらめずカードローンの利用を考えてみましょう。

カードローンは住宅ローンやカーローンと違って、利用目的を問いません。しかし当然のことながら審査がありますので、使用目的は慎重に記載すべきでしょう。もしもあなたが、趣味や娯楽のために利用しようと思っていらっしゃるなら、やめておいたほうがいいでしょう。よほど生活に余裕があれば別ですが、生きていくのに最低限の固定費はかかってしまいます。それを意外と考えないで借りてしまいがちなんです。そのくらい、カードローンが手軽に利用できるということなんですね。

どうしても必要なお金であれば、ありのまま申請書に記入されればいいと思います。審査が通って借入れができたとしても、無理なく返済していかなくてはいけません。ですから、ご利用の際に、充分な返済計画を立ててください。さまざまなローン会社がありますが、安心できて自分の条件にピッタリ合った会社をじっくり探してみましょう。

インターネットで金利計算や月々の返済額のシュミレーションができたら是非行っておいてください。絶対に必要な生活費も考え、少し余裕をもった返済計画を立てることが大切です。ついつい思っていた以上に余裕がなくなる場合が多いので、そこは慎重に進めておいたほうがいいでしょう。

ほんの小額必要で借りたのに、返済が追いつかずローンを重ねていくうちに、状況がどんどん悪くなるケースも多々見られます。年金生活でも、安心と余裕ある借入れは充分に可能なんです。