債権の時効は5年

時効は5年!でも債務から逃げられるわけではありません

債権にも時効がある!ごぞんじでしたか?民事では契約日か最後の返済日を起算として5年と定められています。ですが、返済せずただ放置すればいいというのでは、当然ありません。

債権者が債務者に対し、返済を督促する行為を一切行っていないこと。債務者が返済をしないこと。この状態が5年続けば消滅時効が成立します。その場合、債務者はそのことを内容証明郵便で債権者側に告知する必要があります。消滅時効が成立すれば、その後債権者が債務者に返済請求をすることが一切できなくなります。これを時効の援用といいます。

債務者から逃げ続けて、届いた内容証明郵便も開封せず5年経てば時効が成立する!と大きな誤解をされている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、そんな都合のいい話はありません。あくまでも自己破産や返済不能の状態であり、なおかつ先にも述べたように、債権者側から返済を促すアクションや訴訟もなく、なおかつ、あなたが一切返済行為をしていないということが最低条件になります。内容証明郵便は、開封しなければいいというものではありませんので注意が必要です。

債務に時効があるから、それを悪用してなんとか借入れをなくしてしまおうというような考えは捨ててしまった方がいいでしょう。債務の消滅時効が成立するというのはとても特殊なケースです。借りたものは返すのがあたりまえですから、初めから逃げたくなるような無理な借入をせず、計画的に借りてきちんと返すのが基本です。